鹿児島ぶらりまち歩きスタッフ日記 Staff Blog

2011-06-29 (Wed) 18:18
6/28(火)付、南日本新聞記事25面から気になる記事が掲載されておりましたので
こちらでも、ご紹介させていただきたいと思います

なんと来年度から、使用される三省堂全国中学2年生の 国語教科書
「利己主義を排し人のために尽くす、精神は、東日本大震災後の日本に時宜を得た素材」
として、「薩摩義士の偉業」が使用されることになったとのことです

薩摩藩が幕府から、遠く離れた美濃(岐阜県)の治水工事を命じられ、病気や幕府の妨害に耐えながら難工事を完成させた経緯を描き、家老平田靭負の「同胞の難儀を救うのは、人とししての本分」などの言葉を紹介するとのことです。

西郷隆盛や大久保利通の明治維新の偉人が注目される鹿児島ですが、「薩摩義士の偉業」も当ステーションでは、教科書よりも先駆けて、「まち歩き」としてご用意しておりますので、こちらの記事をご覧になられた皆様、いち早く、薩摩義士コースのまち歩きを体感しては、いかがでしょうか
お気軽にご参加、心よりお待ちしております

薩摩義士教科書

















































文字の大きさ変更

Blog Category

Recent Comment

Blog Calendar

RSS 2.0
ページ最上部へ